沈下修正工事で日本一の技術を磨きこみ、世界へ勝負する!!「メイドイン倉敷からメイドインジャパンへ」

それぞれの工法の特徴

耐圧板工法

耐圧板工法について

耐圧板工法は、鋼管杭の代わりに耐圧板と呼ばれる鉄板を代わりに置く方法です。耐圧板の下の土をセメントと水によって改良し、その上に耐圧板を設置することによって建物を支持します。基本的に、表層改良のみなので再沈下の可能性がありますが、鋼管杭圧入工法に比べ安価に施工できます。

この工法では、鋼管杭圧入工法と同じく普段通りの生活をされたままでの施工が可能です。

耐圧板工法の流れ

建物の基礎の周りに人が入れる進入口を掘ります

セメントと水によって改良し、その上に耐圧板を設置します。

耐圧板の上に支持台を設置し、完了です。

ジャッキアップ後は鋼管杭圧入工法と同じく、お客様に確認をしていただき、埋戻しを開始します。

企業案内


本社 ・ 倉庫:岡山県倉敷市帯高46-5
九州北拠点:福岡県福津市日蒔野6-8-1 A101
福岡資機材プール:福岡県飯塚市上三緒
九州南拠点:熊本県熊本市北区飛田4-11-1

COPYRIGHT© 2019-2020 M.L.B co.,Ltd. ALL RIGHT RESERVED.